たかやま歯科医院

たかやま歯科|岡山県津山市の歯科医院

医院案内

〒708-1223
岡山県津山市坂上429-2
TEL:0868-36-6474
FAX:0868-36-6479

 

EPARK歯科

 

歯科衛生士募集中

 

Fine Doctor

 

HOME»  プラークについてのお話(^o^)丿

プラークについてのお話(^o^)丿

プラークについてのお話(^o^)丿

プラークについてのお話(^o^)丿

 

歯の表面についた白っぽいネバネバです。歯牙細菌苔とも言い、生きた細菌の大集団が苔のようにヘバリついているものです。
 つまり、決して単なる食べカスではないのです。このプラークをとり除くのが、歯みがきの最大の目的です。しかし歯みがきと言うと「食べカスをとるもの」と思っていないませんか?その結果、食べカスだけとっても、ネバネバと引っついているプラークがとり切れていないため「せっかく毎日、歯をみがいても虫歯や歯周病になっちゃった!」という事になるのです。 左の写真がプラークを顕微鏡で見たものです。

 

歯周病とは

歯周病とは

 

砂糖が厚く成長したプラークの表面に接すると、プラーク内のある種の細菌(ミュータンス)が強い酸(ギ酸)を作ります。その酸が歯の表面を脱灰させて、虫歯が進行します。
 この写真は、脱灰した歯の写真です。歯面の白く変色したところが脱灰した部分です。
 ところが、脱灰された歯面は虫歯になるとはかぎらず、歯を清潔に保つと徐々に唾液中のリンやカルシウムが沈着して元通りの歯面に回復します。
 この段階で正しい歯ブラシの方法を身に付けることができれば、歯を削る治療は必要ありません。

 

虫歯になる条件

虫歯になる条件

虫歯は細菌と食物と酸にさらされる時間、更に抵抗力の組み合わせで起こります。真ん中の赤い部分が大きいほど、虫歯になるリスクが高いといえます。
むし歯になるリスクは、
   1、むし歯菌の数が多い
   2、糖質を多量にとる
   3、食事回数が多い
   4、歯の質が弱い
と高くなります。

一番悪さをするのがお砂糖です。
 紅茶・コーヒーだけならば問題は起こしませんが、ミルクなどの炭水化物が入れば悪い飲み物となってしまいます。
 これらを摂取すると、歯面にくっ付いている歯垢(プラーク)の中ではバイ菌により酸が作られます。