たかやま歯科医院

たかやま歯科|岡山県津山市の歯科医院

医院案内

〒708-1223
岡山県津山市坂上429-2
TEL:0868-36-6474
FAX:0868-36-6479

 

EPARK歯科

 

歯科衛生士募集中

 

Fine Doctor

 

HOME»  妊娠後の口腔内!!

妊娠後の口腔内!!

妊娠後の口腔内の変化について

妊娠後の口腔内の変化について

 

妊娠期は、つわりなどで口腔ケアが不十分になることや、生活・食習慣の変化さらに女性ホルモンは妊娠していない時にくらべ増加します。その影響で女性ホルモンを栄養源にしている歯周病菌が増え、歯肉の腫れや出血を起こします。出血が起こると血液成分を栄養源とする歯周病菌がさらに増加します。

妊娠期の口腔ケアはどのようにしたらいいのでしょうか?

妊娠期はホルモンバランスの変化など生理的な変化に加え食べる回数が増えたり、つわりで気分が悪くお口の清掃が不十分になりがちになります。また、妊娠中は唾液の流れや分泌量が低下すると言われてます。唾液分泌量の変化は、口臭の増加、消化を助ける作用や自浄作用、pHの低下を招き、抗菌作用を低下させ、う蝕や歯肉炎の原因菌が増える環境になります。

何か食べた後は必ず『磨く』習慣をきちんと守ることが大切です。もしも、気分が悪くて歯ブラシが使えない場合は、なるべく糖質の食べ物は控え、食後はしっかりお口をゆすぎましょう。

 

赤ちゃんがお腹にいる時から歯を強くする食べ物をとりましょう

赤ちゃんがお腹にいる時から歯を強くする食べ物をとりましょう

 

妊娠中や授乳中に母体の摂取する栄養は、赤ちゃんの歯の健康にも関与しています。赤ちゃんの歯を丈夫にするためにも、カルシウム・たんぱく質・リン・ビタミンA・C・Dなどの栄養素を含む食品をバランス良く適量を食べる事が大切です。ビタミンDは赤ちゃんの将来の骨量を高めるためにも重要です。
赤ちゃんの歯の育成は妊娠初期の頃から始まります。歯の丈夫な元気な子供に育てるには、妊娠中のお母さんの健康状態や栄養管理がとても大切なのです。妊娠は食習慣を改善する良い機会。妊娠前から健康な身体づくりを目指し、食事はバランス良く適量を食べる事が大切です。

 

垂直(母子)感染

垂直(母子)感染

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯の菌は存在しません。では、それはいったいどこからやってくるのでしょうか?
虫歯菌は唾液を介してお母さんをはじめ家族や保護者から赤ちゃんのお口に移ることがわかっています。食事のときのスプーンやお箸に付着した唾液を介して感染します。虫歯予防のスタートとして重要なのはこの時期までに、特に保護者のお口の中でいかに虫歯菌を減らすかにあります。