たかやま歯科医院

たかやま歯科|岡山県津山市の歯科医院

医院案内

〒708-1223
岡山県津山市坂上429-2
TEL:0868-36-6474
FAX:0868-36-6479

 

EPARK歯科

 

歯科衛生士募集中

 

Fine Doctor

 

HOME»  フッ素のお話

フッ素のお話

フッ素の虫歯予防効果

フッ素の虫歯予防効果

 

フッ化物は、歯質を強化して虫歯になりにくい状態にします。
虫歯は歯に付く汚れの中の細菌が酸を出すことによって歯の表面が溶かされることによって生じます。
フッ化物は歯質が酸に溶けにくくなるように作用します。
虫歯になりかかった(カルシウムが溶け出すこと)歯に作用し、その部分にカルシウム等が沈着して歯の表面を修復します。(再石灰化)
この修復はフッ素が歯の表面にたくさんあると唾液中のカルシウムなどを取り込む作用が働き、再石灰化が進行します。また再石灰化が進行するので脱灰するのが抑制されます。

食事をするたびに脱灰はおこります。
図1のように3度の食事と1回の間食をする決まり良い食生活では、トータルでの脱灰の時間が少なく、再石灰化の時間は長くなるため虫歯の危険は少なくなります。
図2のような間食の多い生活では再石灰化の時間が少ないので虫歯の危険が増加します。
寝る前の飲食は最も危険です。寝ている間は唾液の分泌が低下するので再石灰化の力がうまく働かないためです。

 

脱灰と再石灰化

脱灰と再石灰化

 

お口の中の状態を表しているグラフです。

(1)のところで、飲食しています。すると、ほとんどの食品は酸性なのでPhが急速に下がってしまいます。

(2)は飲食2分後です。Ph4近くまで下がっています。
これは「臨界Ph」(歯の中にカルシウムがとどまっていられるギリギリのPh)より低いので、歯の中からカルシウムやリンが溶け出している状態です。

(3)になると口の中のPhは、「臨界Ph」より高くなります。これは、歯の中にカルシウムやリンが戻っている状態です。

 

フッ化物の利用

フッ化物の利用

 

○フッ化物洗口
たかやま歯科では家でも出来る予防法としてフッ化物洗口をしています。
簡便で費用が安く萌出直後の歯に比較的高い効果が得られる事から虫歯予防対策として有効な方法です。
第一大臼歯萌出時期である就学前から第二大臼歯萌出時期である中学時代まで継続するのが確かな予防効果につながります。

○歯面塗布
比較的高濃度のフッ化物を専門家が歯面に塗布する方法です。
洗口のように自身で応用することは出来ません。おもに乳歯の虫歯予防や成人では根面虫歯の予防として実施しています。
フッ化物歯面塗布では単に一回実施して効果が得られるものではなく定期的(半年に一回くらいの割合)に継続して実施する必要があります。